なちゃりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

なちぇりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

公務員という安定の職を捨てて、自分探しの旅を始めたなちぇりです。 フリーライターを目指しながら、日々感じたこと、考えたことを、独断と偏見で語っていけたらと思っております。

嬉しいことが言える人になりたい

f:id:nacheri:20181002193902j:image

なぜかスタイを重ねづけしたがる息子。

おしゃれに目覚めたのかしら(笑)

 

 

さて、今日はおしゃれの話じゃなくて‥‥。

 

1人目の時もそうでしたが、子連れで出かけていると声をかけていただく機会が増えます。

特に、年配の女性の方から。

 

 

今日、息子を抱っこして歩いていたら、道路の向こう側にも関わらず、「かわいいねぇ〜」と声をかけていただきました。

 

ちなみに、よく女の子と間違われる息子。(娘はよく男だと言われた、笑)

 

「こんなにおだやかな男の子は初めて見たわ〜」

「なんてキレイな目なのかしら」

「今日は幸せだわ」

 

と褒めちぎられて、息子はなんのことやら(笑)

母は褒められすぎて、自分のことではないけど非常に嬉しくニヤニヤしてしまいました。

 

そして、その方は

 

「ほんとにいい日だわ、ありがとうね」

 

と言って去っていきました。

 

こちらの方が褒めていただいて、声をかけていただいてありがとうなのに、なんというお言葉。

そんな風に感謝できる人間になりたいです。

 

 

 

また先日は、レジ前で抱っこしていたら降ろせと騒ぐ息子にあたふた。

それを見て、

 

「あらあら、こんなにおりこうになったのねー」

 

と前に並んでいた方が言ってくださいました。

 

息子もおりこうと言われて何か察したのか、ピタリと静かになりました。

 

大変ねーとか、元気だねーって言われることはあるけど、あえて騒いで最中におりこうだねーって言われたことはなかったです。

 

こんなに騒げるくらい、おりこうに大きくなったのねーという感じでしょうか。

 

見ず知らずの他人の子なのに、成長を喜んでくれたようで嬉しく思いました。

 

 

子育てをしづらくなるようなニュースや声がたくさん溢れていますが、それだけではないんだと、改めて実感しました。

 

子育てしている人も、そうでない人も、みんなが気持ちよく、穏やかな気持ちで過ごせる世の中になればいいなと思います。

 

私もいつか、年をとってこんな風に子育て中の親子に出会ったら、優しく嬉しい言葉をかけてあげられる人間になりたいです。

 

 

 

まずはコミュ障から治さなきゃだけどね(笑)

 

 

 

Thank you everyone!!

 なちぇりでした!!