なちゃりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

なちぇりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

フリーライターをしながら、独断と偏見で感じたことを書いています。更新はのんびりです。

カエルになった王子の冒険

今週のお題「ゲームの思い出」

f:id:nacheri:20180714181103j:image

 

ゲームは、物心ついた頃から大好きでした。

初めて手にしたのは、6歳の時でしょうか。

 

任天堂ゲームボーイです。

 

カラーじゃないですよ、3Dじゃないですよ。

 

白黒の、初期型の携帯ゲームです。

音だってピコピコ言ってます(笑)

 

テトリスとか、マリオとか、よくやりましたよ。

懐かしいですね。

 

そんな中、初めてやったRPGがこれ。

 

カエルの為に鐘は鳴る

 

すごいタイトルでしょ?

確かに、ちょっとギャグっぽい、おもしろ要素は入ってます(笑)

でも、真面目なRPGです。

 

 

以下、ネタバレ含みますので気をつけてください。

 

 

サブレ王国の王子(主人公)と、カスタード王国の王子リチャードは、ライバル同士。

剣術の試合での対戦成績は、リチャードの全戦全勝。

主人公は勝ったことがありません。

 

そんなある日、ミルフィーユ王国がゲロニアンという悪者集団に襲われます。

王国の姫、ティラミス姫は大丈夫なのか?

主人公とリチャードは、ミルフィーユ王国を救うため出発します。

さて、姫を救うのはどちらの王子か。

 

冒険の始まり始まり〜。

 

 

という感じです。

 

お菓子関係の名前が多いですね(笑)

子どもには覚えやすくていいです。

 

さて、これでなぜ「カエルの為に」なのかというと。

物語の中で、魔女が出てくるんです。

その魔女のせいで、主人公やリチャード、町の人がカエルにされてしまいます。

 

ただ、魔女は別に意地悪でやっているわけではないんです。

これは、ゲロニアンのボスであるデラーリンから、人々を守るための最善の策だったんです。

 

ちなみに、主人公はいろんなアイテムを使って人間に戻ったりできるんですけど、リチャードはじめ他の人たちは戻れません。

 

戻す方法はただ1つ

 

鐘を鳴らすこと

 

その鐘、簡単には鳴りません。

いろいろ問題が起きて、鳴るのか鳴らないのか、どーっちだ!という感じ(笑)

 

さて、デラーリンとはいったい?

そして魔女は誰なのか。

なぜ町の人たちをカエルにしたのか。

 

全てはラストに語られる!!!

 

 

そんなこんなでね、王道RPGなので最終的には主人公が姫を助けます。

そして、姫と結婚するに相応しいのはどちらか決めるため、主人公とリチャードの決闘が行われるんです。

 

主人公は、リチャードと互角の戦いを見せます。

でも最後、主人公はやはり負けてしまうんです。

その時、リチャードはこう言いました。

 

「君が勝てないのは、僕を傷つけまいとする優しさのせいだ」

(セリフは正確ではありません)

 

そして、リチャードは身を引き、国へ帰ります。

 

ココ感動ポイント!!(笑)

 

国に帰る船に乗り込む時にね、リチャードがちょっと立ち止まるんです。

あの間が‥‥。ウルウル‥‥。

そして、後を追う兵士が気づきます。

 

「リチャードさま、泣いてるんですか‥‥?」

 

 

 

リチャードおおおおおぉ!!!!

行かないでえええぇ!!!

 

号泣しました(笑)

たかが6歳が、号泣しました。

親友でもあり、ライバルでもあるリチャードとの別れが、悲しすぎて‥‥。

リチャードの気持ちを思うと、つらすぎて‥‥。

もう、感動のラストです。

 

 

ちなみに、大人になってから3DSバーチャルコンソールで発売が決まり、速攻で買いました。

 

[3DS] カエルの為に鐘は鳴る (ダウンロード版)

価格:411円
(2018/7/14 17:43時点)
感想(0件)

もう知ってるのに、白黒なのに、ピコピコ言ってるのに、泣けました。

 

やっぱりゲームは、特にRPGはストーリーですよね。

 

どんなにグラフィックが綺麗でも、技術が進んで凝った演出ができても、壮大な音楽が流れていても、ストーリーがダメだったら心に響きません。

 

私は記憶力がない方なので、ゲームの内容とかを細かく覚えていられない人間です。

でもこのゲームだけは、細かいストーリーも、裏道も、ボスの倒し方も、しっかり覚えていました。

それだけ、いいゲームだったんだと思います。

 

正直私の中であれを超えるゲームにはまだ出会えません。

 

あ、好みは人それぞれなので、そこらへんはご承知おきください。

なんせ、今のゲームに慣れた人にとって、白黒のゲームは受け入れられないかもしれないので(笑)

 

あー、語ってたらまたやりたくなってきた。

3DSを久しぶりに起動しよう。

 

Newニンテンドー3DS LL パールホワイト

価格:20,304円
(2018/7/14 17:50時点)
感想(32件)

 

Thank you everyone!!

なちぇりでした!!