なちゃりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

なちぇりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

公務員という安定の職を捨てて、自分探しの旅を始めたなちぇりです。 フリーライターを目指しながら、日々感じたこと、考えたことを、独断と偏見で語っていけたらと思っております。

パンパンのカバン

今週のお題「カバンの中身」

f:id:nacheri:20180425115307j:image

 

カバンといえば、思い出すのは中学時代です。

私の通っていた中学は、学校指定のデニムっぽい質をしたカバンでした。

全くオシャレではないカバンと通った3年間の思い出です。

 

 

パンパンに教科書を入れていた中1

 

自慢じゃないんですが、私、クソ真面目な人間です。

 

中学校に入ると、予習復習が大事だと言われませんでしたか?

そのためには、教科書やノートが必要不可欠。

しかも、予習も復習もするためには、当日授業があったものと、明日授業があるものの両方が必要です。

そのために、辞書とかも必要。

 

だから、私のカバンはいつもパンパンでした。

はち切れんばかりの勢いで。

肩が凝りそうなくらいの重さで。

 

そんなカバンを背負って、片道50分ほどの道のりを毎日通っていました。

‥‥クソ真面目、いや、バカ真面目ですね。

 

そのおかげか?私の成績は優秀そのものでしたよ。

 

 

ちょっと恥ずかしくなってきた中2

 

実は、カバンがパンパンだったのは、クラスで、いや学年で私だけだったかもしれません。

というと極端だけど、そのくらいパンパンのカバンはレアでした。

 

じゃあみんな教科書どうしてたって?

まぁ、学校に置いていく置き勉タイプの子もいましたが、だいたいの子はちゃんと持ち帰ってました。

 

じゃあなんでカバンがパンパンじゃないか。

それはですね。

みんなリュックに必要なものを入れていたからです。

 

え、リュック?って思いました?カバン持ってるのにリュック?

 

実はこれ、我が中学の悪しき習慣です(笑)

 

指定のカバンはダサい、でも背負っていかないといけない。

じゃあどうするかってなった時に、カバンも背負いつつリュックも背負うという結論に至ったんでしょうね。

 

でも、カバンの上にリュック背負ったら、すごいことになりますよね?

そこで、指定のカバンをペタンコに潰すというのがお決まりになっていました。

 

ペタンコって、レベルがすごいんですよ。

いかにキレイにペタンコにするか、ペタンコなほどカッコいいみたいな、面白い風潮。

だから、重いものをのせてつぶすだけじゃなくて、安全ピンをつけて広がらないようにするんです。

安全ピンも、ちょっとかわいいやつね。

 

それだけペタンコにすれば、その上にリュックを背負っても浮かないし、なんだかオシャレになる。

そうやって、好きなリュックにみんな教科書を詰めて通っていました。

 

でもね、クソ真面目な私は、それができなかったんです。

みんなやってるんですよ、ほんとにみんな。

だけど、できなかった。

ただ、さすがに恥ずかしくなってくるんですよ、1人だけ、パンパンのカバン。

 

 

ついにカバンをつぶした中3

 

そして中学3年になってから、私はついにカバンをつぶすことになります。

ちょっと、つぶしたくなったんです。あと1年だし、いいかなーみたいな。

 

そこで1番心配だったのは、母親の許しが出るかどうか。

お堅い家だったので、絶対ダメだって言われると思っていたんです。

 

そしたらね、キッカケを作ったのはまさかの母親の方でした。

 

「ねー、あんたはカバンつぶさないの?」

 

 

なんですとーー!!??

 

 

え、カバンつぶさないの?つぶせってこと?あなたの方から?

 

聞いてみたら、母親もつぶしていたそうです。超意外でした。でもそれくらい、みんなやってたんですね、結構な昔から。

 

ということで、やり方を知っている母に手伝ってもらい、ついにカバンをつぶしました。

みんなのカバンと違ってまだ日が浅いので、卒業の時期になってもちょっぴり浮いたままでしたが。

 

でも、カバンの中身をリュックに移したことで、ちょっぴり悪くなってちょっぴり大人になった気がした、そんな経験でした。

 

 

おわりに

カバンつぶすのって、他にもやっている地域あるんでしょうか?

学校ごとの不思議な習慣や歴史ってありますよね。そういうものって、先生たちもスルーしてましたしね。

 

でも、カバンの中身はちゃんと全部リュックに移ったので、リュック分重量が増して大変になっただけなんですけど。

根がクソ真面目なんで(笑)

 

そんな、中学時代の思い出でした。

 

 

 

Thank you everyone!!

なちぇりでした!!