なちゃりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

なちぇりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

フリーライターをしながら、独断と偏見で感じたことを書いています。更新はのんびりです。

話半分って

f:id:nacheri:20180321234018j:image

「話半分で聞け」

昔、中学の部活の顧問に言われた言葉です。

あの頃は、おそらく理解しきっていなかったと思います。

大人になって、感じたこと、ちょっと語りたいと思います。

 

話半分って?

そもそも、話半分ってどういう意味か知っていますか?

話半分は、人の話の半分はウソや誇張だから、半分くらいのつもりで聞くのがちょうどいいという意味です。

 

どちらかというと、人の話は信用するな的な、ネガティブなイメージですよね。

 

部活の顧問の話半分の真意

では、部活の顧問の話半分は、そういうイメージのものでしょうか?

 

私は、なんとなく勘付いている方もいるかもしれませんが、柔道部に入っていました。

まぁ柔道に限らずなんですが、指導する人によって言うことが違うという経験って、みなさんあると思います。

私の部活は、外部から指導に来てくれる人も多かったので、人によって全然違うことを言われて困ったものです。

 

中学生の私は、全部くそまじめに聞いていて、言われるたびにやり方を変えたりしていました。

それを見て、顧問の先生が言ってくれたのが「話半分で聞け」です。

 

それぞれに得意なやり方や向いてるやり方があって、信じてるやり方があって、だからそれを教えてくれる。

どれが正解でも間違いでもない。

だから全部聞くんじゃなくて、話半分で聞いて、自分に合った1番いいところだけをみんなのやり方から取り入れていけばいい、と。

 

くそまじめだった私は、この言葉のおかげでやっと自分で考えて、自分のものになるようにして練習に励めるようになりました。

 

顧問の先生の話半分は、ポジティブなイメージですね。

 

専門家の意見は理想、正解とも限らない

息子の6ヶ月健診に行った時のことです。

1人目の子育てをしているお母さんに、保健師さんが

「果物なんて絶対1歳まであげちゃダメ!他のもの食べなくなっちゃう。必要ないからね!」

と話していました。

結構強い感じで。

そのお母さんは、便秘解消のためにバナナをたまに食べさせていたんです。

私も娘の時によくあげました、バナナ、てきめんですから。でも、他のものもモリモリ食べてたし、好き嫌いもほぼない子に育ってます。

 

そのお母さんも、他の食事もしっかり食べた後であげてると言っていました。

でも、それでもダメっていう保健師さん。

そのお母さん、ちょっと不満そうな顔をしながらも、

「あげちゃいけないんだってー、お母さん間違ってたよ、ごめんねー」

って子供に語りかけてました。

 

いやいや、間違ってないよ、大丈夫だよ、ウチの子ちゃんと育ったよ、って遠くで思って見てました。

そのあと他の保健師さんがフォローしてましたが、あのお母さんはどう思ったのでしょうか。

(そこで手を差し伸べられない自分の弱さをちょっと恨みました。)

 

 

保育士をしていた時にもよくお母さんたちが言っていました。

保健師さんや栄養士さんに、

「朝ごはんは、ご飯だけじゃなくて魚や牛乳や果物や野菜もとりなさい」

って言われるって。

でもそんなの朝から無理だよって。

 

真面目なお母さんほどそれを真剣に聞いちゃうから、自分はできてないって悩んじゃうんですよね。

 

だからよく言っていました。

「大丈夫、そんな完璧な食事してる人はほとんどいないから。そんな食事ができればいいけど、それはあくまで理想。

まずは、毎朝何か食べることが大事。おにぎりでも、パン一個でも、ちゃんと食べる習慣があれば大丈夫。

理想はこうだったなって時々思いながら、時々それに近づけてみればいいんだよ」

そうやって話すと、安心してくれました。

 

保健師さんや栄養士さんは、食事をバランスよくしっかり食べてもらうように指導するのが仕事です。専門家ですから。

でも、食ではない側面から見たら、違う考えもできる。

バランスよく、苦手な野菜もと頑張るあまりに、朝ごはんが嫌いになったら意味がない。

だからせめて、お昼まで体がもつように、何か食べるようにはしようねっていうのが、保育士側からの考え。

 

あとは、それぞれの家庭で、家計や時間や子供と相談して、どんなやり方が自分の家に合っているか考えていってもらえればいいと思うんです。

話半分ってやつですね。

 

おわりに

話半分って難しいです。

でも、話半分で聞くことで、本当の自分の理想や自分のやり方ができてくるんだと思います。

いいところだけを取り入れて合体していく、話半分に聞くことは、そんなポジティブなイメージなんじゃないかと私は思っています。

 

誰かに伝えるときも、「話半分でいいからね」って言ってあげられれば、相手の負担も減るのかなと思ったり。

だから私のブログも、話半分で見てくださればいいですからね(笑)

 

 

Thank you everyone!!

なちぇりでした!!