なちゃりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

なちぇりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

公務員という安定の職を捨てて、自分探しの旅を始めたなちぇりです。 フリーライターを目指しながら、日々感じたこと、考えたことを、独断と偏見で語っていけたらと思っております。

私が保育士を辞めた理由

 f:id:nacheri:20180306000323j:image

以前自己紹介でもお話しましたが、私は元公立保育園の正規保育士でした。

つまり、公務員です。

公務員を辞めるのって、世間からバカだなーって思われるんです。

「もったいない」

って誰もが言います。確かに、その通りです。

それなのに、なぜ辞めたか。ちょっとお話したいと思います。

 

少々言葉がお下品なところがありますが、そこらへんは広い心で読んでいただければ幸いです。

 

女ってコワイ

やめた理由、それは、人間関係に疲れたからです。

 

いや、苦手なりにうまくやってたんですよ。

クソ上司に会うまでは‥‥。

いるんですね、平気で嘘つく人間って。

あることないこと吹き込んで、人をものすごい悪者に仕立て上げていくんです。

お〜こわいこわい‥‥。

しかも、口がうまいもんだから、みんな騙されてくんです。騙されなくても、やっぱり女の人って、長いものに巻かれていくんです。

それまで仲良くやってきた同僚たちがそれにまんまとのせられ、私の人間関係はボロボロですよ、ハイ。

あーーー、やってられっかこんな仕事!

ってことで辞めてやりました(笑)

 

ちなみに、そのクソ上司が嘘つきなのがなぜ判明したかというと、先ほどの仲が良かった同僚たちと、その後和解したからです。

ご飯食べながら、

「あの人から、なちぇりがうちらのこと悪く言ってたって聞いてたんだよ」

「え!言ってないし!てか、仲悪かったからほぼ会話したことないし」

あることないこと出てくるわ出てくるわ。

お〜こわいこわい‥‥。

 

疑いをきっかけに

まぁ、それだけじゃないですよ。

若干人間不信になっていた私は、いろんなことに対して疑いながら見てみることにしました。そうしたら、かなり疑問点が出てきてしまったんです。

 

なんで子どもに「嘘はいけない」って教えてる人間が嘘ついてるんだ?

陰口はいけません」って言ってる人間が率先して陰口言ってるんだ?

なんで「みんなで協力しよう!」って言ってるのに、足を引っ張り合いまくるんだ?

 

あまりにも、そういう保育士が多かった。

 

そして、客観的にこれに気づいたと同時に、

「あ、私もこうなっていってしまうのだろうか」

と不安になりました。

 

そうなりたくない。

でも、なってしまっている気もする。

ならなくても、1人で正論を述べていくほど、精神的に強くはなかった。

正論を述べたら、潰されてしまったから。

 

でも、やっぱりそういう人間にはなりたくない。

だから、そうなる前に辞めたかったんです。

 

キレイごとかもしれないけど、自分は子供たちのお手本でありたかった。誠実に。最後まで、そんな保育士でありたかったんです。

 

責任をもてる仕事を

辞めるときに、思ったことがあります。

次の仕事は、全てが自分の責任である仕事をしたいと。

誰かのせいにしたりされたりできる、そういう仕事ではなくて。

稼げても稼げなくても、怒られても褒められても、大成功しても大失敗しても、全部が自分の責任になる仕事がしたいと思いました。

 

なので現在、無職なのをプラスに捉えて、いろんなことにチャレンジ中。

主にやっているのが、ライターです(自称)

まだクラウドワークスなどを通して、お仕事をしているだけですが、良い記事が書ければ給料が入って継続してもらえて、下手な記事を書けばもう結構ですってなる。

どっちに転んでも、自分の責任。

純粋に自分のしたことが自分に返ってくる仕事って、こんなにやりがいがあるのかって思いました。

 

 ‖おわりに

 まだまだ試行錯誤中ですが、今、すごく楽しいです。

もちろん、保育士も楽しかったですよ。仕事として、すごくやりがいもあった。

でも、もう未練はありません。

 

新たな選択肢ができた意味で、その上司にも、保育士としての生活にも、感謝ですね。

 

ありがとうクソ上司。

明るい未来への架け橋になってくれて。

 

あ、汚い言葉ですけど悪口じゃありませんよ、あくまでお礼ですからね(笑)

 

真面目な話になりました。

最後までお付き合いいただいて、感謝です。

 

 

Thank you everyone!

なちぇりでした!