なちゃりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

なちぇりの好き勝手記録「ちょっと言いたい」

公務員という安定の職を捨てて、自分探しの旅を始めたなちぇりです。 フリーライターを目指しながら、日々感じたこと、考えたことを、独断と偏見で語っていけたらと思っております。

「わろてんか」をきっかけに、男女平等について考える

 

f:id:nacheri:20180131130839j:image

 

朝は子供の世話でバタバタして、なかなかテレビがつけられません。

久しぶりに余裕があってNHKをつけたら、しばらく見ていなかった朝ドラの時間。

リリコが、女優を辞めてお笑いの世界に戻ってくる(的な)回でした。

お笑いは男社会だった

今となっては、女芸人さんが当たり前の世の中になっていますが、昔はこういう考えだったんですね。

「お笑いは男の世界だから女は黙っとけ。」

そんなことを言われて、怒る女集団。

そりゃそうだ、男がやってきたもんだから女はやったらいけない。そういう考え方は、男女平等ではないです。

万丈目、どうした?(笑)

現代の男女平等論

わろてんかは、まだ男社会だったお笑いの世界に女性が入っていって、実力を認められ成長する話です(たぶん?)

男優位だった世の中を実力ある女性が変えていく、素晴らしいですね。

 

でも、現代のよくある男女平等論、私は反対です。

男女平等にしなきゃいけないから、無理やり女の人を採用したりするやつです。もちろん、逆も然りですよ。

 

例えば、よく聞くのは管理職。

「男ばかりなのはおかしいから、何割かは女の人を入れろ!」

それって、違うと思うんです。

だって、何割か入れろって言ったら、管理職になる器じゃない人まで入れなきゃじゃないですか。もっと向いてる男の人がいるかもしれないのに、できない女の人を入れる。

結果、できない人がなったもんだから、仕事が回らない。

「これだから女は‥‥」

って言われる。

印象悪くなってるじゃないですか。本末転倒。

 

昔の、「男が上にあがるものだ!」っていう考えも間違ってます。

でも今の、「男女平等だから女も同じ人数あがらなきゃおかしいじゃない!」っていう考えも間違ってます。

男とか女とかじゃなくて、実力があったら上に上がればいいんです。向いている人がやればいいんです。

 

今の男女平等は、ただの「ひいき」ですよ。

 でも、こうしないといつまでも実力重視にならないくらい、日本の男女平等って遅れてるんでしょうね。無理やり制度化しないと変えられない、残念です。

適材適所

男女平等と言われるようになって、今までどちらかに偏ってきた仕事にも両方の性別がいるようになってきました。

でも、やっぱり割合でいったらどちらかに偏ってますよね?

 

例えば保育士や看護師、やっぱり女性ばかり。

例えば消防士や運転手、やっぱり男性ばかり。

男女平等できてないじゃんって思います?

私はそう思いません。

 

適材適所って言葉があります。

これって、性別でも当てはまると思うんです。

 

保育士や看護師に女性が多いのは、やはり女性特有の母性や精細さがあるから。

消防士や運転手に男性が多いのは、やはり男性特有の体力や筋力、理論的な頭があるから。

これは、動物的に仕方がないものです。

男女平等にしたからって、両方に備わるものではない特徴。

 

これを生かせる仕事に就こうと思ったら、偏りが出て当たり前ですよね。こういうところで男女平等を語ることが間違い。

偏っていることが、イコール不平等ではないと思います。

おわりに

ちなみに、ウチの家庭内はというと

料理→旦那   力仕事→私

世間一般とは逆です。

でもいいじゃないですか、得意な方がやればいいんです。その方がラク

 

男や女に振り回されない、自分でやりたいことやりたいって言える、そういう考えもあるねって認められる。

そして、ちゃんと実力で判断してもらえる世界になればいいですね。

 

昔からよくいうけど、「男女平等」って言葉がなくなることが、本当に男女平等なんでしょうね。

 

 

Thank you everyone!!

なちぇりでした!